女の人

メイクに必須なコンシーラー|道具を駆使して美のトップ目指す

カラー選択の基本

メイク道具

状況に合わせて使おう

素肌のシミやクスミを隠すにはコンシーラーが役立ちますが、幅広いラインアップがあるため、最適な物を選べます。しかし商品数が多いだけに、自分に合ったコンシーラーを見つけ難いという場合も少なくありません。そこでコンシーラーを買う際は、目的別に選ぶことが大切になります。例えばシミを目立たなくさせる時は、シミができている部分へ的確に使えるよう、ペンシルタイプやスティックタイプが最適です。そしてカラーですが、あまり明る過ぎますとコンシーラーを使った箇所が逆に目立ちますので、ファンデーションに近い色や、若干暗い物を選択しましょう。一方、クスミを隠したい場合には、薄くのばして使えるリキッドタイプが良く、色白肌ならピンク系統のカラーがピッタリです。さらにパールのコンシーラーを使いますと、光の加減で肌を明るく見せられるうえ、素肌の透明感も演出できます。また、クマに対処する時は、クマの色ごとにコンシーラーのカラーを選ぶことがコツです。もしも睡眠不足や疲れがたまって青みを帯びたクマができましたら、オレンジ系統のカラーが望ましいでしょう。それに対しまして、摩擦による色素沈着や、年齢からくる茶色いクマなら、イエロー系統のカラーが打って付けです。そのほか、目元などの乾燥しやすい部分に使う場合は、潤い効果のあるクリームタイプをおすすめします。コンシーラーは個々の状況に合わせて適した物を利用すれば肌浮きも防げますので、いろいろなタイプを複数揃えることが理想的です。

人気の商品をチェック

ファンデーションをきれいにつけるためには化粧下地を良いものを選んでおくことも大切です。年代別に合うものは違いますし、肌の悩みからも選ぶものは変わってきます。ランキングなども参考に肌質や悩みに合うものを選んでいきましょう。

種類が豊富で肌にやさしい

オンリーミネラルはミネラルファンデーションのバリエーションが豊富です。うるおい感やカバー力、ツヤ感など、重視したいポイントでファンデーションが選べます。メイクアップアイテムも揃っているので、肌に弱い人も安心してメイクを楽しむことができます。

濃くなります

まつげを濃くしたい場合、自分で購入する方法も有りますが病院に行って処方してもらう事もできます。この場合は自分の状態に合わせて処方してもらう事が出来、さらにトラブルが有ってもすぐに対処してもらえると言うメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加